運転者の範囲による保険料率の区分とは

自動車保険には様々な割引制度があります。運転者限定による割引制度もその一つです。この制度を利用することにより、保険料を安くすることができるので、きちんと調べてぜひ利用したいものです。


この制度は保険対象の自動車を運転する人を年齢、または契約者本人との関係を元に限定する制度です。例えば良く設定されている限定制度の範囲には、21歳未満不担保、もしくは26歳未満不担保、という項目があります。これは本人との関係に寄らず、それぞれ21歳未満、もしくは26歳未満の人が運転し事故を起こした場合には保険料は支払われないという制度です。その自動車を運転する可能性のある人でこの条件に該当する人がいない場合には、この限定を指定しておくと、保険会社により異なりますが7%ないし10%程度安くなることがあります。
また、家族限定、本人配偶者限定といった限定割引も有ります。この場合には運転している人がそれぞれ家族もしくは本人の夫または妻といった場合のみ保険金が支払われるものです。これらの場合にも、7%ないし10%程度安くなることがあります。
このように、運転者の範囲を限定することで保険料を安くすることができます。自分の自動車をだれが運転する可能性があるかを考えて、このような限定を付けることで保険料を節約することができるのです。

コメントは受け付けていません。