運転歴は長いほうが良いのか

リスク細分型自動車保険は、交通事故に遭いやすいさまざまなリスク要因をもとにして、保険料に反映させるようにしたタイプの自動車保険ですので、事故のリスクが高いとされる人ほど保険料が高く、逆にリスクが低いとされる人ほど保険料は安くなります。


保険料に影響する具体的なリスク要因としては、運転者の性別や年齢、年間走行距離、自動車を使用する目的、自動車の車種、ABSやエアバッグなどの安全装置の有無などといった項目が挙げられます。
なかでも、運転者の運転歴が長いベテランのドライバーほど、運転経験がつたない初心者や若い世代の人よりも、この事故を起こすリスクも少ないと考えられることから、自動車保険に長期に加入している人の保険料は、はじめて加入する人に比べると、かなりの割合で安く設定されています。
また、免許証の色についても重要で、保険加入や更新の際にはかならず保険会社に申告をさせているところがほとんどです。免許証の表面の帯のところが金色のゴールド免許所持者は、無事故・無違反を長期にわたって維持してきたという証拠となり、それだけ事故のリスクは少ないことから、帯が青色の一般のドライバーよりも、保険料が優遇されています。

コメントは受け付けていません。