等級よる保険料率の区分について

自動車保険の保険料率というのは、どのような仕組みで区分されるのでしょうか?
これから初めて任意保険に入るという方は、この点を知っておかなければなりません。
結論からいって、各ドライバーの保険料率は、等級によって決定されます。
この制度はドライバーのその年の保険料を決定するための仕組みのことで、最初に加入した時点では誰もが6級から始まり、その後、毎年の事故歴に応じて年度ごとに級が上がったり下がったりしていきます。


もしその年に一年間無事故であれば、級が上がって7級となり、また次の年に事故がなければ8級、9級と上がっていきます。
もちろんただ級が上がるだけではなく、保険料の割引率も級が上がるごとに大きくなっていくので、級が上がれば上がるほど保険料が安くなっていくシステムになります。
順調に毎年無事故を続けていけば、最終的には20級まで上がることができ、そこまで達すればかなり保険料も安くなりますが、逆に事故を起こせばそのたびに級が下がっていき、保険料の割引率は小さくなって負担が重くなっていきます。
自動車保険料がこうしたシステムによって常に流動的であることについて、初心者の方はよく勉強しておくといいでしょう。

コメントは受け付けていません。