使用状況の考え方について

リスク細分型自動車保険というのは、自動車事故に遭いやすいかどうかというリスクをさまざまな要素から数字として割り出し、それを保険料の金額設定に反映させることによって、結果として保険料が割安になるようにした自動車保険であるということができます。


こうした基本的な考え方に立てば、年間走行距離がひじょうに多い場合など、自動車の使用状況がよりシビアであるほうが事故に遭うリスクが高く、逆に走行距離が少ない場合には事故に遭うリスクは低いものとみられます。
走行距離については、例えば年間3,000キロ未満、5,000キロ未満、10,000キロ未満、10,000キロ以上などといった、いくつかの区分を設けて、過去の事故統計などからリスクを算出し、この順番で保険料が高くなるようにしています。なお、このような走行距離数は、実際の自動車に取り付けられている距離計の積算値をもとにして加入者が保険会社に申告をします。
また、走行距離そのものに加えて、主として自動車を使用する目的が日常の買い物やレジャーだけなのか、または平日毎日の通勤のためなのか、頻繁に業務用として使用するのかといったことによっても、このリスクは違ってきますので、同様にこの順番で保険料を高く設定して、全体としてのバランスを取っています。

コメントは受け付けていません。