リスク細分型自動車保険って?

リスク細分型自動車保険というのは、ドライバーが事故に遭いやすいリスクを、従来のものよりも細分化することによって、大幅に保険料を安くすることを狙ったタイプの自動車保険のことをいいます。
自動車保険の仕組みとして、加入者に公平・公正な保険料の負担を求めるため、契約日現在での年齢や、これまでの事故歴などといった要因にもとづき、それがどの程度の自動車事故を起こしやすいリスクに該当するかを、統計的な数値として明らかにした上で、保険料の割引または割増の目安として反映させていました。


これは従来から保険業界では行われてきたことですが、保険の自由化でダイレクト型とよばれるネットや電話での直接契約ができる自動車保険が増えたことによって、他社との差別化を図るために、ますますその傾向が強まっています。
従来の年齢や事故歴のほかに、年間走行距離を3,000キロ未満、3,000キロ以上、5,000キロ以上などと分けて、走行距離が少ないものほど一定の割合で保険料を安くした設定などは、リスクを細分化した一例です。
ただし、事故のリスクが少ないと分類される人にとってはたしかに保険料が安くなるものの、事故のリスクが大きい人にとっては、逆に保険料が高くなってしまう場合もあります。

コメントは受け付けていません。