型式別料率クラスよる保険料率の区分について

「型式別料率クラス」というのは、任意の自動車保険で採用されている、保険料率を区分するためのしくみのことで、平たく言えば、自動車そのものが事故に遭いやすいリスクをあらかじめ算定して、その数字を保険料を高くするか、低くするかという設定に適用させるというものです。


すべての自動車について全員加入が建前となっている自賠責保険では、乗用車であればせいぜい自家用か営業用かといった区分しかありませんが、任意の自動車保険では、車種ごとにかなり細かく事故リスクというものが算定されています。
こうした根拠となる数字は、損害保険料率算出機構という独立行政法人において、過去の同一車種で事故が起きた割合や、市場における流通量などのデータによって、毎年決定されることになっています。
クラスは1から9までの段階にわかれており、事故リスクが高い車種ほどこの段階も高いという位置づけとなっており、一般的には国産のコンパクトカーなどは低く、外国製のスポーツカーなどは高いといわれていますが、対人賠償、対物賠償などの自動車保険の種類によっても、実はこのクラスが異なっているため、車種が同じであっても一律に高い、低いと断言することはできません。

コメントは受け付けていません。