‘未分類’ カテゴリー

使用状況の考え方について

リスク細分型自動車保険というのは、自動車事故に遭いやすいかどうかというリスクをさまざまな要素から数字として割り出し、それを保険料の金額設定に反映させることによって、結果として保険料が割安になるようにした自動車保険であるということができます。


こうした基本的な考え方に立てば、年間走行距離がひじょうに多い場合など、自動車の使用状況がよりシビアであるほうが事故に遭うリスクが高く、逆に走行距離が少ない場合には事故に遭うリスクは低いものとみられます。
走行距離については、例えば年間3,000キロ未満、5,000キロ未満、10,000キロ未満、10,000キロ以上などといった、いくつかの区分を設けて、過去の事故統計などからリスクを算出し、この順番で保険料が高くなるようにしています。なお、このような走行距離数は、実際の自動車に取り付けられている距離計の積算値をもとにして加入者が保険会社に申告をします。
また、走行距離そのものに加えて、主として自動車を使用する目的が日常の買い物やレジャーだけなのか、または平日毎日の通勤のためなのか、頻繁に業務用として使用するのかといったことによっても、このリスクは違ってきますので、同様にこの順番で保険料を高く設定して、全体としてのバランスを取っています。

運転歴は長いほうが良いのか

リスク細分型自動車保険は、交通事故に遭いやすいさまざまなリスク要因をもとにして、保険料に反映させるようにしたタイプの自動車保険ですので、事故のリスクが高いとされる人ほど保険料が高く、逆にリスクが低いとされる人ほど保険料は安くなります。


保険料に影響する具体的なリスク要因としては、運転者の性別や年齢、年間走行距離、自動車を使用する目的、自動車の車種、ABSやエアバッグなどの安全装置の有無などといった項目が挙げられます。
なかでも、運転者の運転歴が長いベテランのドライバーほど、運転経験がつたない初心者や若い世代の人よりも、この事故を起こすリスクも少ないと考えられることから、自動車保険に長期に加入している人の保険料は、はじめて加入する人に比べると、かなりの割合で安く設定されています。
また、免許証の色についても重要で、保険加入や更新の際にはかならず保険会社に申告をさせているところがほとんどです。免許証の表面の帯のところが金色のゴールド免許所持者は、無事故・無違反を長期にわたって維持してきたという証拠となり、それだけ事故のリスクは少ないことから、帯が青色の一般のドライバーよりも、保険料が優遇されています。

リスク細分型自動車保険って?

リスク細分型自動車保険というのは、ドライバーが事故に遭いやすいリスクを、従来のものよりも細分化することによって、大幅に保険料を安くすることを狙ったタイプの自動車保険のことをいいます。
自動車保険の仕組みとして、加入者に公平・公正な保険料の負担を求めるため、契約日現在での年齢や、これまでの事故歴などといった要因にもとづき、それがどの程度の自動車事故を起こしやすいリスクに該当するかを、統計的な数値として明らかにした上で、保険料の割引または割増の目安として反映させていました。


これは従来から保険業界では行われてきたことですが、保険の自由化でダイレクト型とよばれるネットや電話での直接契約ができる自動車保険が増えたことによって、他社との差別化を図るために、ますますその傾向が強まっています。
従来の年齢や事故歴のほかに、年間走行距離を3,000キロ未満、3,000キロ以上、5,000キロ以上などと分けて、走行距離が少ないものほど一定の割合で保険料を安くした設定などは、リスクを細分化した一例です。
ただし、事故のリスクが少ないと分類される人にとってはたしかに保険料が安くなるものの、事故のリスクが大きい人にとっては、逆に保険料が高くなってしまう場合もあります。

運転者の範囲による保険料率の区分とは

自動車保険には様々な割引制度があります。運転者限定による割引制度もその一つです。この制度を利用することにより、保険料を安くすることができるので、きちんと調べてぜひ利用したいものです。


この制度は保険対象の自動車を運転する人を年齢、または契約者本人との関係を元に限定する制度です。例えば良く設定されている限定制度の範囲には、21歳未満不担保、もしくは26歳未満不担保、という項目があります。これは本人との関係に寄らず、それぞれ21歳未満、もしくは26歳未満の人が運転し事故を起こした場合には保険料は支払われないという制度です。その自動車を運転する可能性のある人でこの条件に該当する人がいない場合には、この限定を指定しておくと、保険会社により異なりますが7%ないし10%程度安くなることがあります。
また、家族限定、本人配偶者限定といった限定割引も有ります。この場合には運転している人がそれぞれ家族もしくは本人の夫または妻といった場合のみ保険金が支払われるものです。これらの場合にも、7%ないし10%程度安くなることがあります。
このように、運転者の範囲を限定することで保険料を安くすることができます。自分の自動車をだれが運転する可能性があるかを考えて、このような限定を付けることで保険料を節約することができるのです。

等級よる保険料率の区分について

自動車保険の保険料率というのは、どのような仕組みで区分されるのでしょうか?
これから初めて任意保険に入るという方は、この点を知っておかなければなりません。
結論からいって、各ドライバーの保険料率は、等級によって決定されます。
この制度はドライバーのその年の保険料を決定するための仕組みのことで、最初に加入した時点では誰もが6級から始まり、その後、毎年の事故歴に応じて年度ごとに級が上がったり下がったりしていきます。


もしその年に一年間無事故であれば、級が上がって7級となり、また次の年に事故がなければ8級、9級と上がっていきます。
もちろんただ級が上がるだけではなく、保険料の割引率も級が上がるごとに大きくなっていくので、級が上がれば上がるほど保険料が安くなっていくシステムになります。
順調に毎年無事故を続けていけば、最終的には20級まで上がることができ、そこまで達すればかなり保険料も安くなりますが、逆に事故を起こせばそのたびに級が下がっていき、保険料の割引率は小さくなって負担が重くなっていきます。
自動車保険料がこうしたシステムによって常に流動的であることについて、初心者の方はよく勉強しておくといいでしょう。

新車かどうかよる保険料率の区分について

自動車保険には、強制保険として誰もが加入しなければならない自賠責保険と、ドライバーが必要に応じて加入する任意保険の2つの種類があります。
任意保険のほうは自賠責保険とは違って、事故リスクを細かく見積もって保険料率の設定に反映させ、トータルとしての保険料が割引になるような制度をいくつも持っており、顧客である保険加入者のニーズに合わせられるようにしています。
そのなかでも、新車割引というのは、新しく登録された自動車に限って適用されるもので、初度登録から25か月以内というのが一般的な基準となっています。
これは、新しく購入した自動車であれば、ドライバーの運転態度もおのずから慎重になり、事故を起こしにくいということのほか、部品の劣化などもなく故障の心配も少ないといった理由によるものです。


この割引制度では、あくまでも初度登録からの経過年数がものをいうため、中古車の場合は購入してから25か月とはなりませんので注意が必要です。
また、初度登録から25か月という年限を過ぎてしまった場合については、通常の自動車保険の保険料に戻ってしまうため、いきなり保険料がアップしたとしても、それは逆にいままで割引が適用されていたということによるものです。

型式別料率クラスよる保険料率の区分について

「型式別料率クラス」というのは、任意の自動車保険で採用されている、保険料率を区分するためのしくみのことで、平たく言えば、自動車そのものが事故に遭いやすいリスクをあらかじめ算定して、その数字を保険料を高くするか、低くするかという設定に適用させるというものです。


すべての自動車について全員加入が建前となっている自賠責保険では、乗用車であればせいぜい自家用か営業用かといった区分しかありませんが、任意の自動車保険では、車種ごとにかなり細かく事故リスクというものが算定されています。
こうした根拠となる数字は、損害保険料率算出機構という独立行政法人において、過去の同一車種で事故が起きた割合や、市場における流通量などのデータによって、毎年決定されることになっています。
クラスは1から9までの段階にわかれており、事故リスクが高い車種ほどこの段階も高いという位置づけとなっており、一般的には国産のコンパクトカーなどは低く、外国製のスポーツカーなどは高いといわれていますが、対人賠償、対物賠償などの自動車保険の種類によっても、実はこのクラスが異なっているため、車種が同じであっても一律に高い、低いと断言することはできません。

用途・車種による保険料率の区分について

保険料というのは事故を起こしやすい人ほど負担が大きくなり、事故を起こす可能性の低い人は保険料の負担が少なくなるようになっています。
それをどのような部分で分けているのかというと、まず車をどのように使うのかという部分であり用途によって保険料というのが変わってきます。
例えば、仕事などで毎日車を使う人の場合その分だけ自己にあう確率は高まるため保険料が上がり、逆に週末などにレジャーなどでしか使わない人は乗る機会が少ない分だけ事故にあう確率も下がるので保険料は安くなります。


 

次に車種によっても保険料率というものが変わってきて、事故を起こしやすいという統計の有る車は保険料が高くなる仕組みになっています。
スポーツカーなどはむやみやたらと飛ばす人が多い傾向にあり、事故を起こしやすい車となっているので保険料率が高くなりやすく、逆の場合には保険料率が低くなり保険料が安くなるのです。

自動車保険は車を安心して使用するためには欠かすことが出来ないものですから、車を購入する時にはこの保険料率も考慮したうえで購入をすることで、車にかかる維持費を節約することが出来ますから、車を購入する時には保険料率についても調べておくと良いでしょう。

料率区分について

自動車保険の保険料率区分は、補償の対象によって細分化されているため、かなり複雑なものとなっていますが、いくつか料率を決定づける重要な要素が制度化されています。
型式別料率クラス制度は、自動車の車種による事故の実績が客観的に評価され、それによって料率が異なってくるというものです。車種ごとの事故のリスクがどれだけあるのかという数値は、損害保険料率算出機構が決定し、1年ごとに再評価されることになっています。したがって、契約者自身がまったく事故を起こしていなかったとしても、車種そのものが事故リスクが高いものであれば、それだけ料率も上がるということになります。


記名被保険者年齢別料率制度は、保険証券に書かれた記名被保険者が何歳であるかによって料率を定めるというもので、通常であれば10歳きざみでこの料率は区分されています。これは運転者年齢条件特約とはまた別の制度ですので、特約そのものが同じであったとしても、記名被保険者のほうが異なれば、料率もまた異なるということになります。
等級別料率制度は、所有している自動車の総契約台数が9台以下である場合について、過去の事故歴などによって大きく20段階にランク分けして保険料を割引または割増にするという料率制度です。契約中に事故を起こした場合、事故有係数適用期間が適用され、通常よりも保険料は割増となります。